FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

伊豆下田旅行 第一日 下田プリンスホテル

Category伊豆(下田・稲取・松崎 ,etc.)
前回に続き、伊豆下田旅行です。
宿泊は下田プリンスホテル Shimoda Prince Hotelです。
下田駅からホテルまでの送迎バスがあり午後3時と4時の便がありました。
あらかじめ電話予約が必要です。駅からはホテルまで海沿いと山の中を走り
色んな海岸を見ながらバスで10分程でつきました。

伊豆 - 1806

部屋は4階でした。
3泊以上の宿泊プランを利用しました。

2階に正面玄関と海側の出口やプールや売店などあります。
2階で行き先を悩んでると高確率でホテルのスタッフの人が声をかけてくれて案内をしてくれます。



伊豆 - 1226


特筆すべきは、部屋から見える目の前の海。
白浜中央海岸です。
見事なエメラルドグリーンでした。
これは三日目のお昼間の一番日差しの強い時撮った写真です。

白浜中央海岸について


伊豆 - 1215


ベランダに乗り出しての撮影。
伊豆七島もかすんで見えます。


着いたのは4時半頃でしたが、早速着替えて泳ぎに行きました。



伊豆 - 1203


ビーチ側から見ると海岸に面して建物があるのがわかります。



伊豆 - 絵はがき


上空から見ると海に向かって扇のように建っています。
(航空写真を使ったホテルの絵はがき)


伊豆 - 1389


二階の海側のドアを出ると海まで道が続いています。
このドアは夜の22時まで開いています。

階段中程の左手にあるのは帰り際に使うシャワーが4機+水道とホースいくつか。
右手の円形の建物は海の見えるレストランです。
この写真では見えませんが、シャワーの道を挟んで反対側に
コンプレッサー兼空気入れもありました。



伊豆 - 1027


海まで5分もかからず降りれました。
初日は二時間弱 程、泳ぎました。



伊豆 - 1026


海から戻る脇にあるサンデッキ
帰りにここでのんびりしてました。



伊豆 - 0288


部屋に戻ったのは19時頃。海が紅く色づいていました。



伊豆 - 0278 copy


部屋は2ベッドに補助ベットが入っているBタイプの部屋でした。



伊豆 - 0281


窓側から見たところ



伊豆 - 0282


部屋にはユニットバスがついています。

ここに入ってさらに展望温泉浴場にも入りました。
展望温泉浴場は、夜なので外は真っ暗でしたが目が慣れて来て、ガラスの曇りを水滴を取り除くと
地平線の辺りに船と伊豆七島の明かりが。下を覗き込めば白い波が眼下に見えました。
立ち寄り湯もあるようで、畳敷きの休憩室もありました。

その後、売店に行きなるべく伊豆下田らしいものを食べようということで何点か購入しました。

写真は撮れていませんので下記からどうぞ(お風呂は勿論 笑)

展望大浴場、休憩室、売店の写真と詳細
(下田プリンスホテルの施設案内のページ)

その後、この旅行中なんども来ることになるゲーム室へゲームをしに行きました。
ゲーム室は座敷に机と座布団が置いてあり、ゲーム盤やジェンカなどたくさん置いてありました。

伊豆 - 0299

初日はCLUEDOというゲームをやってみました。
勝負はドローの引き分けと終わりました。


売店で買ったものです。
R曰く、旅の醍醐味はその土地の名物のお菓子を食べることだそうで
思えば、最初の旅行からそんなことをしてるような気がしています。


伊豆 - 0296伊豆 - 0306


売店で買ったニューサマーという伊豆でとれる柑橘類のアイス
サッパリとした味でおいしいです
柚子にもにた感じです。

伊豆 - 0302伊豆 - 0308

冷やしあんころ餅
部屋の冷蔵庫に入れて冷やして食べました。
冷たくておいしい。


伊豆 - 0312伊豆 - 0315

えびさくら
少し甘みがあります。


そんなこんなでマイペースな初日でした。
二日目からの旅日記もまたマイペースで書いていきます。
よろしかったらおつきあい下さい。




下田プリンスホテル Shimoda Prince Hotel

〒415-8525 静岡県下田市白浜1547-1
TEL:0558-22-2111
HP

大きな地図で見る


カテゴリー:旅行記
カテゴリー:伊豆下田旅行


●じゃらんで詳細を見る・予約する。
下田プリンスホテル
宿・ホテル予約ならじゃらんnet



関連記事

伊豆, 旅行, , 下田, ホテル, プリンスホテル,

0 Comments

Post a comment