FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

国立天文台定例観望会 変光星 ミラ(くじら座o座)@三鷹市大沢

Category天体・天文(三鷹市)
本日、国立天文台定例観望会に行ってきました☆
(mixiの画面もつなぎっぱなしで、PC二つともフル稼働にしたままw ちょっと、バタバタしてて急いでたんですw)

国立天文台定例観望会
http://www.nao.ac.jp/about/mtk/StarGazing/index.html

本日の観望天体は、変光星 ミラ(くじら座o座)でした^^


曇っていたので、天体観望の方は、無理かと思っていたんですけど、説明会だけでもと思い、行ってきたんですが、その会は、最終回で、一番前の席で講師のかたとマンツーマン☆+数人の講師のかたたち☆(大学院生の方たちです)でした。

観望会 説明会
*説明会の写真は、前回のものです。

グラフや、図などを使って、変光星の詳しい説明や、ミラという天体が、脈動変光星だということ。
長期的、かつ規則的に変化する変光星を ミラ型変光星ということ、そして、12月の星空でどのあたりに観えるかなどを、教えて貰いました。あと、実視等級や、絶対等級についても^^

20061209225756.jpg



そして、11/28の特別公開の日記で書いていた太陽観測衛星『ひので』の成果の、動画まで☆
新聞と天文台の静止画像でしか観ていなかったので、おぉ☆と思いました^^
かなり、いままでの技術では、観測が難しかったものを、今回、詳細に撮ることができたとのことでした。国立天文台で、研究開発され、かなりのかたが参加されているようです。


あ☆、何か天体に関する質問があったら、観望会の日でも、質問コーナーとかもあるし、周囲にいらっしゃる院生のかたに、どんどん質問OKだというの聞いてきました〜!

あと、銀河団の画像や、彗星?にアメリカの男の子が、ロケットをぶつけた映像wとか、始まったときには、すばる望遠鏡の横にあるKeck望遠鏡(二つの望遠鏡で、天体をとらえて観測するというものとのことです。前回の特別公開の時に実験で説明してもらったのの、たぶん、実際のものかなと思いました。

11/28の特別公開の日記の中段の『ひので』の太陽の真上の写真のやつです。違うかなw?)を見せてもらったり、雪に埋まっているチリの望遠鏡の写真も。

説明も、写真も、質問が行き交ってるのも、海外の観測所のお話も楽しかったです^^


今の12月の夜空には、秋の四辺形、そしてミラのあるくじら座、オリオン座のあたりに、すばる、そして、冬の星座である冬の大三角が見え始めてるとのことです。
そして、13〜14日に、極大を迎えるふたご座流星群が、観えますとのことです!

12月の星空
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/index.html


blue_wing.gif

■ 天体イベント 予告? ■


「ふたご座流星群を眺めよう」
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20061213/index.html
という国立天文台のキャンペーンが今年も行われるとのことです。
13〜14日の夜、20時〜24時、15分程、夜空を観測して、何個、流れ星を観ることができたか、報告ページから、報告して日本全国のどのあたりで流星が見えたか集計して公表されるとのことです。
携帯からもいけるそうです。ぜひ、観てみたいです^^
携帯電話用のキャンペーンページ http://www.nao.ac.jp/i/

すばる食
あと、説明会、始まる前にお聞きしたすばる食と言うものも、12/31に観ることが出来るとのことです。
東の空に観えるすばるの上を、月が通過していくというもので、19時から22時くらい?(すみません >< 時間は 私のメモの走り書きなので、詳しくは天文台のサイトよりお願いします!)

blue_wing.gif


そんな感じで、この日の観望会も楽しかったです。天体観望ができないお天気の日でも、充分、面白いお話を聞くことができると思うので、お天気で迷われても、ぜひ、行ってみても、いいのではと…


あと、天文の写真集について、距離ごと?等級ごと?に撮影されたものがあるとお聞きしました。
ネットで探そうかなと思っていたんですが、天文台の図書館、一般の人も確か利用できた筈!
時間できたら、行って探してみようかな^^?
天文写真のあのすごくきれいな色は、他データと照らし合わせて、着色している場合もあると聞いてきました。
そうだったんですね。


三鷹を中心に東京探訪ブログの天体・天文をもうちょっとみたい人はこちらから

→カテゴリー天体・天文(三鷹国立天文台観望会参加日記ほか)




white.gif

国立天文台(三鷹キャンパス) 
住所&連絡先
所在地
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
電話番号(代表)0422-34-3600
http://www.nao.ac.jp/

white.gif



関連記事

ミラ, 天文台, 定例観望会, 三鷹,

0 Comments

Post a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  天体変光星について
  • 変光星変光星(へんこうせい)は、恒星の一種で、明るさ(等級 (天文)|等級)が変化するもののことである。大まかに爆発変光星(爆発星)、脈動変光星(脈動星)、回転変光星(回転星)、激変変光星(激変星)、食変光星(食連星)、変光X線源の6種類に分類される。.wikilis
  • 2007.02.09 (Fri) 00:57 | 天体用語
この記事へのトラックバック
  •  秋の四辺形について-日本の心-四季折々の風情を感じ...
  • 秋の四辺形秋の四辺形(あきのしへんけい)とは、ペガスス座のα星マルカブ、β星シェアト、γ星アルゲニブ、アンドロメダ座のα星アルフェラッツの4つの星を結んでできる四辺形のこと。等級は暗いが、比較的容易にみつけることができる。秋の四角形とも言う。.wikilis{fon
  • 2007.02.14 (Wed) 01:11 | 日本の心-四季折々の風情を感じ...
この記事へのトラックバック
  •  
  • 変光星の観測方法としては、眼視観測、写真観測、冷却CCD観測、光電測光の4種類があり、特に初心者向けの観測方法である眼視観測は「比例法」と「光階法」の2種類がある。比例法では、まず観測する変光星より少し明るく見える星と少し暗く見える星の2つを基準星(比較星)と
  • 2007.07.06 (Fri) 08:46 | 天体がためになる