FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

家電レビュー:Panasonic Cuble 洗濯乾燥機

Category家電レビュー

Panasonic Cuble(キューブル)洗濯乾燥機


楽です。便利です。見た目がいいです。



洗剤自動投入。
洗剤を入れっぱなしにしておくと、毎回の計量もなく自動投入。


そしてシンプルな外観。
Cuble特有の【キュービックフォルム】

一目惚れしたCuble
しかし「いつまでも外見重視で家電を買ってはいけない」
とか思って一度は見合わせてました。

結局、機能を他の洗濯機と調べた結果、Cubleを選びました。
『温水W滝洗い』があるし液晶パネルが浮かび上がる主人のRもこれがよいのではと。

Cubleには以下の機能と特徴があります。

・液体洗剤・柔軟剤 自動投入
・スマホで洗濯
・キュービックフォルム
・温水泡洗浄W
・泡洗浄W
・低温風パワフル乾燥
・エコナビ
・選べるコース(温度や洗い方を何パターンか登録できる)
・花粉やウィルスを飛ばしてくれるナノイーX





ほかにも、自分的利点としては、

・表面や内部の手入れが楽
・途中、一時停止して洗濯物を追加投入できる。
・洗濯しかしない時は内部を乾燥してくれる


使用しない時は、電源とスタートボタンのみ。
操作パネルもない状態。



使うときだけ浮かび上がる液晶。
(液晶パネルじゃない機種もあります)



Cubleスマホ


洗濯状態が離れていてもスマホから確認できます。

遠隔ボタンがオフになっていますが外出先からも洗濯や乾燥の指示が出せます。
例でいうと家に帰りつく頃にちょうど乾燥が終わらせたりできます。

「洗濯カゴモード」があって洗濯機内に入れっぱなしでも換気などをやってくれる設定もあったりします。
どちらも使ってませんが。

乾燥を含め5〜6時間かかるので『時短家事』というか『ほったらかし家事』という具合ですね。
実際、洗濯という家事に向かい合う時間はすごく減ってます。




知らせて欲しい通知だけスマホで受け取ることもできます。



フィルター掃除時期を教えてくれます。



洗濯機のトップ部分のフィルターにはフカフカの綿。

バスタオルを洗うとよくこうなります 笑。
しかし干すよりバスタオルが気持ちよくなります。
乾燥が終了したまま取り出さない時はで衣服をまぜかえすのに回転したり温風を当て続けたりする「ふんわりキープ」という設定もあります。

ズボンやワンピースの類は多少シワになるので洗濯だけで止めて干すのがきっとベストです。


洗濯乾燥機には大まかにヒーター式とヒートポンプ式があります。
Cubleはヒーター式でヒートポンプ式より電気代がやや高くなります。
カビにくい、本体が長持ちなどの理由でこれでいいかなという気もします。

最初は乾燥機能なんて使うかなと思っていましたが、使い始めると楽です。
人間は便利なほうを選んでしまいます。

時間をかけてしまうお皿洗いに比べ、洗濯は苦手意識もなかったので干そうと思ってました。
ですが、雨季・黄砂・ウィルス・花粉が舞う季節。ストレスなく洗濯ができています。


● Please Click Blog Ranking! 
 押していただけたら励みになります!

関連記事

家電, インテリア,

0 Comments

Post a comment