FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

江ノ島サムエルコッキング苑

Category神奈川(横浜・湘南・江ノ島 ,etc.)



サムエルコッキング苑



英国貿易商のサムエルコッキング氏が作った庭園の、地下遺構部分が現存しています。



地上部分は、大正十二年の関東大震災で倒壊しました。



「温室と地下通路」
温室をボイラー室で温めいたりしてた施設跡が残っています。



地下には人が行き来できる通路がありました。



「地下と煉瓦は地震に強い」とは以前、小説と映画で見聞きしたお話。




残っていたからこそ見ることができてうれしいです。



貯水槽・陶管
巨大な設備です。



いまは、地上に凛とした薔薇が咲いています。




地下施設を歩きたかったけど入れませんでした。
残念。

*サムエル・コッキング温室遺構地下室は、江の島フラワーフェスタの期間中のみ、特別公開しております。

公式HPにありました。
またそのシーズンに来よう。南国の花も咲き乱れているとのことです。




廃墟や廃線に興味を持たれる方々もそんな理由かもしれませんが、
かつてあった「夢の残照」のようでこういったものに惹かれてしまいます。
後世の人々がいまも大切に保存し残して伝えていこうととしているから残って行くのです。



庭に面した→ロンカフェでフレンチトーストをいただきました。




今思えば、もう少しじっくり観たかったけど、きっとまた来ることもあるでしょう。



次回は、江ノ島展望台 シーキャンドルです。
夕日が沈む瞬間を見るため移動です。



オススメの本


Please click!
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

江ノ島, サムエルコッキング苑, レトロ, 煉瓦, 遺構, 庭園,

0 Comments

Post a comment