FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

三鷹の森ジブリ美術館

Category三鷹市(井の頭公園含む)
三鷹の森ジブリ美術館に行って来ました。
井の頭公園内にあります。6月初めころです。

結論からいうと「すっごく良かった」
なんでいままで行かなかったんだろう。



館内は写真NGなので、写真は屋外のものに限ります。

チケットは通常ローソンのLoppiなどで入手しますが人気で入手困難なようです。
毎月10日に一ヶ月分を売り切ります。

三鷹市や小金井市には市民枠があって優先的に入手することが可能です。
近隣市民枠:三鷹市・武蔵野市・小金井市・西東京市

今のうちにと引っ越す前にチケットを取っていってきました。
本籍地は婚姻届をだした三鷹市だから、本籍地枠というのはないんだろうか?とか冗談でいってました。


まずはバス乗り場やチケット購入です。



切符を買いに行った日。
快晴。

ちょうど写ってるオレンジ色のポキのバス停がジブリ美術館へのバス乗り場です。



三鷹市役所の出張所と同じ建物にある「みたか観光案内所」
ここでチケットを購入できます。
日付や人数を指定しての購入です。

市民枠のお話になるかもしれませんが、午前の部と午後の部があります。
入れ替え制でなく、館内に入れる時間です。
午前の部にすると1日居れるということです。
でも入門時間に間に合わないとダメですので、予定段取りはしっかりとです。



三鷹市駅前から続く「風の散歩道」
多摩川上水沿いにここを歩いて行けば、ジブリ美術館のある井の頭公園につきます。
自転車で何度か走った道です。
山本有三記念館もこの道を利用していきました。


しかし当日は大雨。
バスを利用することになりました。


三鷹の森ジブリ美術館(循環)バス停
上にオブジェ乗ってます。
三鷹市駅南口のロータリーの吉祥寺駅側に近い場所にバス停はあります。



ジブリ美術館方面 往復乗車券専用 自動発券機
この自販機はバス停横に設置されています。



上は入場券
LAWSONと縁にはいってますが、「みたか観光案内所」で発行してもらいました。

下が往復回数券。
ゆき    1/2
かえり 2/2

大人 320円 子供160円です。


ジブリ仕様のバスがやってきました。
みんな写真撮ってます。
もちろん、わたしも撮りました 笑



ジブリ美術館循環ルートなので美術館前で降りる人が多いですが、それ以外の人も乗っています。




さて、バスを降りて森(井の頭公園)を少しだけ歩くと、建物が見えて来ます。



雨が降っててより幻想的な雰囲気です。



紋章がカリオストロ風

素敵な中庭です。
あとで行ってみました。



入門までの途中にWCもちゃんとあります。



建物入り口
さつきとメイのステンドグラス。
館内のガラス扉にはこんな感じでいろんなジブリの登場人物が描かれています。



そして、階段下まで続く天井壁画
「す・すばらしい」とここで感嘆の声がでました。

家の壁にも描いてみようかな。
始めは上手くなくてもいいから、積極的に何か描いたりしていこう。


写真は一旦ここまでです。
ジブリ美術館の建物内は全て写真撮影不可です。

なので館内の見所は、箇条書きでご紹介させていただきます。

  • ジブリスタジオ内のアニメ制作のようすが詳細にわかる。
  • 宮崎駿さんはじめ制作陣の根底にあるものに触れられる。
  • 蔵書がいっぱい。メモ書きやラフ画もいっぱい!
  • アニメ技術の仕組みが動く立体物として紹介されている。
  • 建物の作りが不思議でジブリ映画の中にでてくる建物に入り込んだみたい。
  • 館内の橋に螺旋階段、五感が刺激される!
  • ガラスにスミレの装飾とか壁とか木製でチェアもアンティーク!!!WCまでかわいい。
    • ジブリ制作の「パン種とタマゴ姫」なるショートムービーがすっごく面白い

最後の、ショートムービーは作品が入れ替わるので、一度行った人もまたリピートしてしまうのかもしれません。



天空の城ラピュタの彼
写真撮影スポットです。
並んで順番をまちましょう。
雨降ってるけど皆んなテンション高くなってます。









わたしたちも撮影。
雨が降ってるので、パパッとね。
Rが撮った私の写真、9枚もありましたけど。
目を瞑るから予備用だそうです。
ごめんなさい 笑



いいですよね、孤高だけど心優しい彼の横からのショットもパチリです。



続いて、遺跡。
ラピュタだナウシカだという話があがってましたが、
カリオストロの可能性も捨て切れません。




そして。これは確実にラピュタ。
飛行石が宇宙に飛んでく時に落っこちて来てしまったんでしょう。





これは少し別の場所にあった水飲み場。
少しスチームパンクしています。



ベンチなんだろうけど、取っ手がついててクルクル回る。
なんだっけ。




少し高いところから先ほどの入り口を眺めて見ました。

柔らかそうな建物ですね。
建物の上に草。屋上庭園。



最初に並んでいた時に見えていた中庭にでてみました。



大きな鉢。




タイル張りの中庭。壁ぎっしり生い茂る蔓草。



館内もすべて見終わったので移動して、ランチにします。
建物に囲まれて、別の建物や屋外にレストランやイートインがあります。



麦わらぼうし

ジブリ美術館内あるレストランです。
あの麦わら帽子じゃメイちゃんのかな?




待ってる間にメニューを見てました。
写真は待合場所。
メニューの奥側がイートインと持ち込んだものを食べることできる場所です。



縁周りのイラストがかわいい。
「野っぱらのクリームソーダ」「山小屋のミルクティー」などメニューもジブリです。


遅いランチをレストランの方で食べました。

こちらも館内なので写真禁止ですが、おいしい食事でした。
お皿にぐるっとトトロと小トトロの絵が描かれてて、食べ終わると現れます。

いちごショートケーキも大きめです。
何品か頼んでシェアして分けるのもよいかもしれません。
レストラン内にはレンガや暖炉もあり。
大きいテーブルがデンとあり、何グループかで相席となりました。




中庭に庵。
ロッカーも奥に見えていますね。
地下一階? 降りて見ましょう。
入り口や出口の高さが違うので、現在何階にいるのがここでふと悩みました。



マンホールの蓋もいい表情しています。



植栽の植え込みもきれい。
家の植栽と種類が似てます。

三種類ほど家と同じ植物が植わってます。
来年の今頃は、うちの植え込みもこんな感じにしたい。

写真下部のオレンジ色のナスタチウムとかを、植えてみるのもいいのかもしれません。
レモンとか何点か家にも植えて見ました。そのお話はまた別の日記で書くかもしれません。



そろそろあのかわいい出口をでてバスに乗って帰りましょう。
雨は降ってたけど見応え十分でした。

三鷹の森ジブリ美術館
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目1−83


● Please Click Blog Ranking!
関連記事

ジブリ, 三鷹市, 井の頭公園, ,

0 Comments

Post a comment