FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

桜咲く、小金井の桜とご当選と転居と

Category近況、思考、雑多にいろいろ
「桜咲く」とは大学合格を知らせる時の電報です。
大学合格ではありませんが、自民党区議会委員 明戸まゆみさんが荒川区で、めでたくご当選されました。
今回、私事都合の転居支度の為、ウグイス穣として参戦できませんでしたが、とっても嬉しい出来事です。
きっと素晴らしい政治活動に邁進されることだろうと思います。
選挙事務所も明戸さんはじめとても温かい方々が多いです。楽しいです。
その雰囲気がそのまま広がっていくことでしょう。



写真は、今年の小金井市の桜の写真。
Rと二人で『見晴らしヶ丘』と呼ぶ煉瓦の道。
八重桜の絨毯となる場所です。
右を向けば、大きなソメイヨシノが何本も。もう少し先を行けば、シダレ桜。

冒頭に少し書きましたが、転居することに決まりました。
今年で、小金井の桜も居住して、観覧することは最後となりました。



「さくら咲く季節に小金井を去る」
ひじょうに感慨深い春となりました。



『小金井桜まつり』の日の、たてもの園の中の桜とサンシュユ。

思い出がたくさんできた場所へ行くと「かえって離れがたくなる」とRと実感し、
「懐かしく思い出す故郷がまた出来たと考えれば減ったのではなく、また増えたことになる」
と言葉を交わし合っていました。

小金井は明るく穏やかな人の多い素敵な場所でした。



窓から見える『我が家の桜の開花の標準木』。
何度もすばらしい見事な桜を見せてくれました。

転居先にも、部屋から見える桜があります。
来年の春は、そちらの桜を早朝に眺めることになります。





転居先は、武蔵国のひとつ。町田市。
『鶴川日記』の白洲正子さんの『武相荘』にほど近い場所。

背丈より高い椿あり紫陽花あり薔薇があり二階の高さに届く何本かの樹木あり。
大きくなる住居と未知の器機や更新される電気機器。
剪定の方法や家や庭の手入れを覚えることにも、今までと違う新たな発見もあることでしょう。

『終の住処』となる予定の場所です。
Rはまたここ以外にもふやすと言っておりますが、増えても兎にも角にも『終の住処』です。

Rに感謝もしつつ自分自身も生活スタイルも刷新して行く必要がありそうです。


藤棚|小金井|2019

小金井や旅行の書き残している日記も多々あり、電気水道ガスを開通させても、未だネットは通していません。
今後、また書ければ向こうでも小金井の話題の続きも書いていきたいと思っています。

Please click!
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

小金井市, ,

0 Comments

Post a comment