FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の民芸|小金井市前原

Category小金井市

野川沿いの秋の風景散歩の帰りしなに『味の民芸さん』で夕食をとりました。
GoogleMapで近隣の『ごはん』を調べてお店に移動。
行ってみると前に通りかかった時に今度行ってみようと話していたお店でした。
理由は「ここ、おいしそうな気がする」からでした。




肉豆腐の和定食 1,380円(税1,490円)

お蕎麦も釜飯もいくらも食べたいと迷った末、こちらに。




天麩羅は大根おろしをいれた天つゆで楽しみます。
天麩羅の台座と天つゆの葡萄柄が素敵。



肉豆腐

火をいれてるので温かいままです。
じゅわっと甘いお汁が染み込んだお豆腐もとてもおいしいです。



紅葉が一葉。

「なんだか可愛いね」とRと話していました。




山ふぐ

ふぐ!?と思いきや、さしみこんにゃくです。
冷たくて喉越しもよくつるっといけます。
これかなりお気に入りです。




お味噌汁

赤だしではないのかもしれませんが、濃厚で風味のあるお味噌です。




ご飯

家のお茶碗で一杯くらいのちょうどいい量。



香の物

食後の口中をさっぱりっと。



三元豚の『やわらかかつ重(お重とうどん)930円(税1,004円)』
『季節の天ぷら 580円(税626円)』の単品

Rの御膳です。



三つ葉いりのおうどん

すごくおいしいから!とすすめられました。
風味豊かで確かにおいしい!

昆布だし。
関西のおうどん思い出すという話をしていました。
味の民芸さんは、岡山のおうどん処がお店のはじまりのようです。
麺にも出汁にもこだわりありとのこと。

『黄金だし』と『手延べうどん』は自慢の一品。

おうどんの黄色の鮮やかなおわんも目映りがいいな。



『季節の天ぷら 580円(税626円)』

牡蠣の天ぷらを食べておこう!と注文。

奥に写る春菊の天ぷらのようなものもおいしい!との感想。
明日葉なのか春菊なのかわからなくてごめんなさい。

家で天麩羅は作るけど、牡蠣の天麩羅は揚げ具合がわからないので外で食べておいてください。

牡蠣やいくらが季節のメニューに並んでいました。
蒸し牡蠣、牡蠣そば、バター醤油などなど。
たっぷりふんだんに使われたいくら丼なども。



そして三元豚のかつ重

どちらもお出汁がいきる品です。
豆腐たっぷりのサラダを外してしまったけど、油分に油分を重ねてしまって満腹ということです。

家の食事が最近、お野菜よりに傾きすぎた結果かなと思います。
Rのもわたしのも、やや油分を求めているのはその反動かもしれません。
何事も中庸が大事です。

お料理おいしかったけど、満腹でRは食後のデザートには手を出せないとのこと。





『抹茶の宝箱 450円(税 480円)』

枡の中にアイスやドライフルーツとマスカルポーネクリーム。
ひとりで好みのデザートを楽しませていただきます。
ごめんなさい。二口ほど味見をしてもらいました。




龍安寺の石庭を思い出させますね。



求肥(ぎゅうひ)も入ってました。



中はこんなの。冷たすぎず、甘すぎず、量も多すぎずに絶妙な具合です。
こちらも大変気に入りました。



冷たいスイーツもあります。
和風かつ見た目も華やかですね。

左端にもすこし写ってますが、『甘酒』をつかった珍しいデザートや飲み物がメニューに載っていました。





座った席は手前側の間仕切りに仕切られた席でした。
東八道路側です。
写真のようなオープンなテーブル席もあります。

6時前に入った時はこのように好きな座席を選べましたが、7時にはあれよあれよと言う間に人が増えてきました。




最初に来たのが、サーモスの魔法瓶に入った暖かいお茶。
うちも同じの使ってます。保温機能に優れてます。おすすめです。

外が寒かったので、お茶をいただき、じんわりと身体が緩みました。
こちらでも身体が温まったのもあって、食事をおいしくいただけた気もします。
食事への気遣いです。




テーブルにはサガミグループのお醤油と『八味唐辛子』
『味の民芸』さんは始まりが岡山のうどん処ではじまり日清グループ→サガミグループとなったようです。

見知ったお店同士が再編成されていきますね。
材料の仕入れや流通のこともあり、お味がおいしいままなら歓迎です。


食事もデザートもすべておいしかったです!

茶碗蒸しを頼みたかったんですが単品ではなかったようで残念。
茶碗蒸しはメニューに見落としがなければセットについてるのだけなんですよね。

茶碗蒸しを家で作ろうかと思うんですけど、長い間食べてないので、どこかで食べておきたい!と考えていまして。

遠い昔、実家では毎冬よく食卓に上がっていたんですけどね(遠い目 笑)。
現在、蓋つきの茶碗蒸しの器も探し中です。ぎんなんも。





味の民芸さんの会計をするレジの横では、おうどんや、蕎麦殻の枕に、絵本などが並んでいます。





お店は二階。
広い階段を降りて一階に戻ります。



一階には『栄』と書かれた石。




足元の照明。




味の民芸さん。
「味の」とお店名に付くだけあって、とってもおいしいお店でした。


味の民芸
Category:小金井市(142)

Blog Ranking Please click!
 
FC2ランキング 
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小金井情報へ にほんブログ村 小金井情報
関連記事

小金井市, 和食, , デザート, 野川,

- 2 Comments

坂本 理恵  

No title

ご担当者様

突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
弊社は旅行系サービスと広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

ブログ記事を見てご連絡させて頂きました。
とある旅行系サービスの広告掲載についてご相談させて頂きたいのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
sakamoto_rie@bridge-world.jp

2018/12/05 (Wed) 10:31 | EDIT | REPLY |   

lemon  

Re: No title

メールご返信させていただきました。

2018/12/07 (Fri) 23:04 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。