FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

西伊豆松崎旅行 2 伊東園ホテル往復直行バス

Category伊豆(下田・稲取・松崎 ,etc.)
松崎への旅行は、新宿から伊東園ホテルグループの直行バスに乗って始まりました。


集合場所はJR新宿駅西口の工学院大学のあたりです。
スタッフの人たちが何人も集合場所にいてわかりやすかったです。
何台も各方面(西伊豆・東伊豆・北関東方面)などに向かう直行バスあり。
新宿発の乗り込んだ便は午前8時45分集合の9時出発です。

緑の街路樹のなかを出発です。
荷物は、バスの下に積んでもらいました。



途中、高速道路に乗り、山中を通り抜けたり景色も飽きません(個人の感想です)。
途中、GPS対応のMAPアプリを立ち上げていたので、山や川の名前を確認しながら外をみていたので楽しかったです。
富士山は生憎の雲で隠れていましたが反対側の威風堂々とした箱根山をみることができました。



サービスエリアにも1時間半から2時間くらいの感覚で止まっていたように思います。
主にトイレ休憩と飲み物の購入。
道路の混み具合にも寄りますが、お土産を吟味するにはちょっと短いかな。

お昼は伊豆フルーツパークでした。→次回の日記


また出発して、細い道路もバスはするすると上がって行きます。



同じ伊東園グループのホテルに泊まって、同乗していた人たちが下車していきます。
金城館。




町中はお祭りの準備で賑わっていました。



ここは復路に寄ったまた別の伊東園グループのホテルの庭?かな?
ホテルごとにトイレに降りるひとがいないかバス運転手さんが聞いてくれます。





印象的な川や山や海の風景。
バスは電車より風景がゆっくり流れます。



西伊豆の海岸線を南に向けて走って行きます。
碧色の海。

往路は、手前のホテル群で降りる人が多く、座席が空きましたので、遠慮なく反対側の窓を写真撮影。
じつはRもこの辺りで眠ってましたので、この辺りのきれいな海を見ていません。

外の稜線は、翌日以降に来ることになる堂ヶ島付近ですね。



目的の伊豆松崎伊東園ホテルの建物が見えてきました。



バスが停車した瞬間。
「あ、ほんとだ。ホテルのまん前が海だった」というのがすぐに出た感想です。

バス到着は午後13時20分ごろ。(予定時刻は14時20分)
朝、出発したのは朝9時。
結局、4時間半弱の往路でした。

帰りのバスはまたここを14時半にでて、新宿には19時半の到着です。

じつは往復バス代金は、この時期ホテルの宿泊費に組み込まれています。
連泊プラン(今回利用)や、割引券、割引期間外でも往復直行バスは千円や二千円ほど。
伊豆やそのほかへすべて直行バスでいけたりします。

さて、ではでは、今日はこの辺で失礼いたします。また次回に。



Category:伊豆(下田・稲取・松崎 ,etc.)(62)



クリックいただけますと励みになります。


にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ

関連記事

伊豆, 松崎旅行, 伊東園, バス,

0 Comments

Post a comment