flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

奥武島まで久米島を歩く+車に。|沖縄久米島旅行〈13〉

Category沖縄久米島旅行記
「奥武島まで久米島を歩く+車に。」
歩く+途中で親戚な方に拾ってもらって車に乗せて行ってもらいました。
ルートとしては、久米アイランドから奥武島あみもとさんまでになります。
沖縄久米島旅行記、昨日の続きです。



見た事のない南国の果樹に二人ともテンション上げていました。

*アダン
(阿檀、Pandanus odoratissimus
仏前に備えられていた果実(現在はパイナップル)。
パナマ帽やカゴを作るのにも用いられていました。
(調べてみました)

イーフビーチから、一旦、お店が立ち並ぶ通りに戻りました。
民宿やホテル、マリンスポーツの予約や服やお皿のお店、飲食店、レンタカーショップなどが立ち並ぶ通りです。

これから向かう奥武島は、宿泊施設あみもとさんが一つ(宿泊予定)、バーデハウス(プールと温泉)が一つ、レストハウス畳石が一つ、後は、ウミガメ館や海洋深層水の研究所や、キャンプ場です。

朝食は、あみもとさんにお願いしました。レストハウス畳石さんも利用するつもりですが、そのほかは食事と飲物をどこかで調達して行こうということになり、目指すは、コンビニCoco!さん!



Coco!さん
焼きたてのパンや、沖縄らしい食材を挟んだオニギリなども並んでいました。
この日と、後日また利用しました。

お店に入る前に、ちょうど雨が降ってきました。
写真は斜めになってしまったけど、ほぼセーフ。
濡れずにお店に入れました。ついてました。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-22

ここで、わたしがバテたら困るからと「一つも二つも変わらない」といい、わたしの荷物も半ば強引にRが持ってくれました。
「自分でもつ!」と突っぱねていたけど、ありがとう。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-25

〈久米島にイモ・ウンチェーを持ち込まないようお願いします〉という看板。
外来種がきっと深刻な問題なんですね。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-29

建物の色キレイ。かっこいい!と思いつつシャッター撮影。

久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-049

公園や住宅街を通りすぎ、雄大な風景が広がりはじめました。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-033

まっすぐにのびる道。
サトウキビ畑の収穫時は過ぎたと、後でお聞きましたが、少し借り残してるところもあり、私たちには、新鮮な風景でした。
 



ウミガメが地球を背負ってる水色のバス!




バスターミナルでした。
路線バスは時刻表を見ると二時間に一本のようです。
お手洗いを快く貸して下さいました。ありがとうございました^^


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-40

パノラマ写真。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-052

歩いてるうちに晴れ上がってきました!


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-054

赤い瓦のバス停留所。




目に涼しげな川が流れて来ています。
もしかすると、用水路かもしれません。

久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-51

こちらは海側へ流れて行くほうです。
汽水域となって川の水と海水が混ざり込んでいるかもしれません。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-54

Rは少し先のほうで花を撮っていました。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-063
 
何だか情熱的な雰囲気のある花です。




水門がありました。



奥武島まで、1.2km、、、




海が見えました。


久米島町中ー奥武島まで 2016-05-03 14-070

道ばたに白い百合。
再びR撮影。

その時、一台のタイヤの大きいかっこいい車が止まってくれました。
二人連れの男の人が降りてこられて

「さっき用事の行きがけに歩いてるなと思ったら、用事の帰り際にもまだ歩いているから気になって。車に乗せて行ってあげよう」とのこと。

旅行カートも車に積んでいただき、車に乗せて頂きました。



「ぼくらも困ったことがあったから」と、
橋を渡り、一気に宿泊するあみもとさんの前まで、連れていってくださりました。

橋を渡る時、きれいと撮ってしまった写真。
乗せてもらって何をやってるんだと撮ったあと、後悔 笑



「旅行を楽しんでね」と名も付けずに渡ってきた橋を颯爽とUターンされていくお二人。
何度も何度も頭を下げてお礼を繰り返していました。

車が見えなくなるまで見送ったあと、
「かっこいいな、やさしいな、こんな風に自分たちはできるかな」と二人で話していました。

Category : 沖縄久米島旅行記



関連記事

久米島 奥武島 沖縄 探訪 旅行

0 Comments

Post a comment