FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

中近東文化センター@三鷹市大沢

Category三鷹市(井の頭公園含む)
少し前に中近東文化センターに行ってきました〜^^

中近東文化センター
http://www.meccj.or.jp/

20061007130315.jpg


けっこう、住んでいるところの近くにあるんですが、中近東のかなり幅広い範囲の関する研究がされていて、内容の濃い常設展や、企画展が行われてて、講演会もたびたび行われています。海外への発掘調査も行なっているそうです。


行った時は、『中近東の土偶』というのがやっていて、土偶の展示と、民族衣裳を来て写真を撮ってくれるというイベントをやっていました。あっ、今回分のポスター貰いました^^



20061007130214.jpg


ここの『常設展示』がかなり好きなんです『オリエントの美術と工芸』をテーマに展示されています。
「石を細工したものや日干しレンガ、青銅が圧倒的に多いんだな」とか思いながら、回って行きます。(そういった素材が近くで採れたり、やっぱり風土の影響なんですかね^^?)あと、ラスタ焼きと言うのがあるんですが、「この赤は、銅をすり潰したものだったかな?」とか「油絵の高い方の赤wは、確か昆虫をすり潰したので作ってたな」とかいろいろ考えながら進んで行きます。


20061007060303.jpg
20061007055724.jpg

20061007054349.jpg

20061007060712.jpg



中近東の文化というと、四大文明の三つ(メソポタミア、エジプト、インダスも入れておきますw)までがそこにあるだけあって、展示物の年代がすご〜く昔ですね!紀元前3000年とかなんですね!(近ごろの古代史研究では、四大文明という考え方は他の場所でも文明はあったとされてきているので、否定的なものもあるようですが…)

20061007055953.jpg

今から、5000年ぐらい前、なかなかすぐには実感が湧きませんw
日本の有史というとだいたい紀元後くらいでポツポツと出始めるくらいで…2000年弱。(国内外の文献にでていないだけあったのかも知れませんが…あったほうが楽しいですね^^)それよりさらにもう何千年も前!

某『Load ofthe ring(指輪物語)』という小説と映画が好きなんですが、映画のほうの冒頭部分の言葉で「 ... 時代が過ぎ去るにつれて、残った記憶は伝説になり、やがて神話になった。 そして神話も忘れ去られたころに、再び同じ時代がめぐってきた。」という言葉がすごく好きなんです。
文明のさらに前にまた文明があって、こう忘れ去られたり、受け継いだり、交差しながら互いに影響されて、いろいろな遺跡や彫刻品や装飾品や、いろいろなものを作っては壊してあとの時代に残して行って…言葉や踊りとか食べ物とかもそうなんですよね。そんな大きな時代の動き?流れ?みたいなものがすごく好きなんです。
…中近東文化センターは、なんだかそんなのが感じられるところです^^

20061007053907.jpg


造形物としても、レリ−フとか、ものすごく格好いいです。
ここの建物もいいですよ〜!(古代メソポタミアの神殿ジグラットをイメージしたもので、建築家 岡田新一氏の設計によるものだとHPにありました)
ミュージアムショップにも、展示物のレプリカなどここ独自のものがあって楽しいです^^

20061007054303.jpg

もし興味あるかた一度、訪れてみて下さい〜!
なかなかいいですよ〜^^


別のときにここを訪れた日記です。
→エジプトビールの講義を受けに@三鷹市中近東文化センター

もっと三鷹の日記を読もうとおもう人は
この三鷹ブログ内の三鷹カテゴリーへ

green.gif

中近東文化センター

20061007054133.jpg

所在地:
〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-31
Tel 0422-32-7111 Fax 0422-31-9453
開館時間 :10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日: 月・木曜日(祝日は開館:振替休日なし)
入館料: 一般 800円  高大学生 500円  
65才以上400円 中学生以下は無料
三鷹市・武蔵野市市民 100円(中学生以下は無料)
団体15名以上 200円割引


*入場料金と開館時間は訪問した当時のもので現在は変更されています。
公式サイトよりご確認ください。
green.gif


関連記事

中近東文化センター, 三鷹, 古代,

0 Comments

Post a comment