flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

梅まつりとか、銀河鉄道の夜とか昔の小学校とか@府中市郷土の森美術館

自転車で南下して多摩川沿いを府中市郷土の森美術館に行って来ました。誕生日に行きたいところを聞かれて、以前、住んでいた時に見に行くことができなかった古い木造校舎をずっと見たくって当初、西武線を使って行ったんですけど、その日はたどりつけず…他のところで遊んでそれはそれでその日は楽しかったんですけど、今度は自転車で三度目の挑戦になります。ちょうど、梅まつりをやっていて、園内はにぎやかでした。まずプラネタ...

本日、博物館など入館無料@国立科学博物館

5月18日は国際博物館の日です。博物館、美術館が社会に果たす役割を市民にアピールする為に多くの文化施設や御店などが様々な記念イベントを行なっています。その一貫で本日は5月19日(火)には、国立科学博物館も無料で入館することができます。私は、博物館、美術館の類いが大好きで、各種展示物を見ると、朝出かけて閉館時間まで入り浸っていることもざらにあるのですが、今回は以前行ったままで日記にあげてなかった国立科学博...

お水取りの頃@奈良巡礼

足を動かさないようにの指示も水曜まで伸びてしまったので(ご心配していただいたかたありがとうございました。京都の遠方よりお見舞いの品まで貰ってしまいました><)気分を変えるためにも昔の日記をひも解きます。2006年のお水取りの頃、お父さんと奈良を周遊していました。今年平城京遷都1300年が行なわれる彼の地をです。小学校三年の時に始めたお習字が奈良万葉会というところだったんですけど、その発表会の会館の横に...

渡来人の足跡@奈良県飛鳥村

奈良県 飛鳥村は不思議なところです。1300年以上前に渡来した人たちの足跡がそこかしこに残っています。そして風光明媚なところです。棚田のみどりと、誰が残したかわからない石遺跡。はるか昔に起こった面影が残っているところです。駅の近くの案内所で観光マップを貰い、レンタサイクルを借りて、喉がかわいたら途中の無人販売所で袋に詰められたみかんなどで癒しながら、走り行くのもなかなかのものです。古代のようすを思いめ...

シンドバッドの冒険と香りの旅@三鷹市中近東文化センター

中近東文化センターで行なわれている「シンドバッドの大冒険とガラスの海-インド洋と地中海を探検しよう-」2010年7月3日~11月7日(日)を見て来ました。中近東文化センター夏休み期間からはじまる展覧会は体験型の展示も多くありました。乳香、没薬、沈香、伽羅、白檀、龍涎香、バラ香油、ジャスミン香油の体験展示がありました。乳香(にゅうこう)と没役(もつやく)を嗅がせてもらいました。ともに樹液を固めたものです。...

多摩六都科学館@西東京市

多摩六都科学館に行って来ました。名前の通り、小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市(旧田無市・保谷 市)の六市で運営されています。入り口と外から見たサイエンスエッグのドーム今年7月にリニューアルオープンした多摩六都科学館 プラネタリウム〈サイエンスエッグ〉で導入したCHIRONⅡ(ケイロン2)は、「最も先進的なプラネタリウム(Most Advanced Planetarium Projector)」世界一に認定されました。CHIRONⅡ(ケ...

国立科学博物館(1)”地球館” in 上野公園

上野の森にある国立科学博物館に行ってきました。写真では紹介しきれない程の展示物でしたが、一部だけご紹介させていただきます。実は私の好きな博物館のトップ3に入る博物館の一つです。建物も威風堂々としています。全球型映像施設「シアター36○」という頭上から足下までの全ての空間に映像を映し出す上映をついて一番最初に見ました。海の食物連鎖–太陽からクロマグロをつなぐエネルギーの流れ–小魚になってより大きな魚に襲わ...

国立科学博物館(2) ”日本館” in 上野公園

国立科学博物館 日本館は「日本列島の自然と私たち」をテーマに展示物が並んでいます。こちらもBlogだけでは紹介しきれないほど様々な展示がされていました。フタバスズキリュウの骨格標本。とても大きく触れられる結晶体。説明書き通り硝子よりヒンヤリとしています。縄文から弥生に集落と稲作が移り変わって行く模型。細かいところまで作り込まれていて可愛いです。ヒヨウガイ他、あらゆる物を展示説明しています。わかりやすい...

国立科学博物館(3)”帰り道”

科博の→地球館、日本館を、閉館時間ギリギリまで居たので、ミュージアムショップは滑り込んだもののザッと一周することしか出来ませんでした。鉱石も化石標本も天体模型もやはり吟味して購入したいので今回はあきらめます。そしてミュージアムショップの横で目にした「科博を持ち帰ろう」という言葉。一回、三百円のガチャガチャのようです。よく出来ていて天体望遠鏡から何から欲しいものばかりです。それなのに、奥にある異常巻...

日本科学未来館の常設展

GWの最終日は、日本科学未来館に行ってきました。(GW前半の日記は、また後日に)日本科学未来館の館長は宇宙飛行士の毛利衛さんです。科学技術を文化として捉えた科学館です。先端科学技術を体験して感じる理解するというコンセプトだと思います。場所は江東区青海の海沿い湾岸部にあります。(上野の国立科学博物館、竹橋の科学技術館とはまた別物です)今回はチームラボさんの企画展で訪れましたが、まずは常設展示をご紹介しま...

企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」

企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」2014年11月29日(土)~2015年5月10日(日)にGWに行ってきました。前回の常設展の日記に引き続き、日本科学未来館です。iPhoneのカメラなので画像はあまりよくないですが写真点数は多めです。本日、3つ目の日記です。*2015年5月10日(日)までの開催です。花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久にーTokyoずっと同じ場所に居ると、足許から花がつぎ...

博物館へ初もうで|東京国立博物館

東京国立博物館へ行ってきました。 「博物館へ初もうで」の会期中です。 今年の干支の酉と、国宝「松林図屛風」を初め、吉祥を表すモチーフの作品が数多く展示されていました。 「博物館へ初もうで」  2017年1月2日(月) ~2017年1月29日(日) 謹賀新年と特別展の垂れ幕がかかり、獅子舞などの出し物も正面玄関で行われていました。 「法隆寺宝物館から!黒田清輝も!」と訴えたものの、 「これまで、あ...

古代オリエント博物館|池袋のサンシャインシティ文化会館7F

古代オリエント博物館にRと行ってきました。ぐるっとパスを利用しての美術館・博物館巡りです。池袋のサンシャインシティ文化会館の7Fにあります。エジプトのピラミッドの回廊のような入り口です。館内は、写真撮影は禁止です。 古代オリエントの珍しい品々が数多くあります。企画展「タイムスリップ古代オリエントの世界」では、古代の暮らしが再現されていました。室内での煮炊きによって壁の高い位置に数個の窓があれど、壁が...

武蔵野の歴史と民俗|江戸東京たてもの園

武蔵野の歴史と民俗 ー旧武蔵野強度館収蔵資料展ー会期 2017年9月26日(火)ー2018年3月4日(日)もうすぐ会期も終わりと見に行ってきました。古代の石器に宝飾品に土器に農機具などなど。有史以前の数万年の縄文・弥生時代から実際につい最近まで使われていた道具たち。人々の生活が変れば道具たちも変化する。一世紀まえの農機具の使い方も現代の人間にはわからないものだってある。土器の表面に現れる装飾にしても年代とともに...

高橋是清邸|江戸東京たてもの園

高橋是清邸。東京都小金井市の江戸東京たてもの園に移築されています。          歴史上のターニングポイントとなった高橋是清氏の邸宅。文化に精通されていた方だということが伺えました。窓から入る光がとても素晴らしい建物でした。→  江戸東京たてもの園(公式サイト) →  Google MapTag:江戸東京たてもの園, レトロ, 小金井市,     ...

三井八郎右衛門邸と蔵とかの話|江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園の西ゾーンの三井八郎右衛門邸。内部の見事な細工と蔵を見ることができました。門柱の奥に三井八郎右衛門邸はあります。以前、庭では見事な桜を見た場所です。小金井公園のたてもの園の櫻と園内の二枚目・三枚目の桜です。 天井の植物の細密絵。昔、京都のお寺でこれに近いものを見た気がうろ覚えですがあります。どこだったろう。 瀟洒な絵が施された襖絵。いたるところに鳥の絵が描かれていました。...

クラシック・カー|MEGA WEB ヒストリーガレージ

MEGA WEBのヒストリーガレージに寄りました。数々の名車が再現されたレトロな街並みの中に展示されています。MEGA WEBは車に関する3つのテーマパークです。サーキットとTOYOTAのショールームとヒストリーガレージです。お台場ヴィーナスフォートの隣にあります。今回はヒストリーガレージです。興味を惹くみせかたですね。街角の小物にも見るべきところ多し。トヨペットクラウン 1960S夜だからか若い人が多かったけど自分のファ...

国立科学技術館|北の丸公園

国立科学技術館にRと行ってきました。「宇宙に散在する星」をイメージしたデザインの外壁。上から見ると天の形をした建物です。色々な科学分野の展示があります。ムサ美大・油絵専攻の文系の私の説明ですのでかなり適当な説明です。なにか間違っていたらごめんなさい。《”情報”の世界 World of infomation》アナログとデジタルの関わり。変換そんな部屋でした。  言葉の分布図を作っている?言葉の地図のようなもの?マイク...