flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

父さんとさんぽ

お父さんの白内障手術が終わり、きちんと目が見えるようになってから、他の科を受診した日の帰りに病院沿いを流れる淀川河川敷公園を散歩してきました。私が子供の頃より岸べもずいぶんと整備されていて、さんぽしたり自転車で走り抜ける人や親子づれも多く憩いの場所となっていました。かわべりの段になっているところでは、川からの風を感じながら本を読んでいる人も幾人かいましたしね父の入院中も、患者さんとお見舞いの人が一...

No image

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

近頃、介護認定を申請して、父さんの退院に向けて退院後、来てもらう訪問看護士さんや、ヘルパーさんの内容やお願い先を打ち合わせしたり、試験外泊を試したりしています。お医者さんや、病棟婦長さん、看護士さん、外来看護士さん、病院の医療ソーシャルワーカーさん、病院の医療福祉課のかた、市役所の介護福祉課のかた、ケアプランナーのかた。そして、これから、退院後の在宅で、父のケアをしてくれるかたたち。先生からの病状...

中学からの友達と会ってきました@ajio伏見桃山

実家に帰ってるこのチャンスに一年と二ヶ月ちょっと降りに中学の時からの友達のKちゃんとお茶とごはんしてきました。伏見桃山駅えき近くのagioさんごはんも濃厚生クリームにガルバンゾーやキドニービーンズがアクセントになっててGood!でした。このお店は一緒に行くの二回目だけど、店内照明暗めで、JazzとかBossa novaとかかかってて、ゆったりできて(また店内写真撮ってない(>___...

Kちゃんからの八ッ橋

夏期休暇第一弾を使って家へ帰る電車の途中に友達たちにちょっと一時帰郷するね~ってメールを順次送ってると、その中の京都住みのKちゃんから返信が!「今から京都の八ッ橋夏バージョンを送ろうと思ったところ~」とメールが!「東京と実家のほう、どっちに送ったほうがいい~?」と聞かれちょっと悩んで「東京のほうへお願いします。」とお願いしてました。そして届いたのがこの西尾の八ッ橋です。「あんなま」という名前みたい...

帰郷

父さんの病状悪化の為の帰郷です。場所は移動してもかなり朝早く起きてしまいますね。写真は窓から見た景色。朝6時過ぎ、太陽が昇りかけています。昨夜Kちゃん他お世話になりました。ありがとう!Rはじめ東京の皆様にも迷惑かけます。他、今お話進行中の皆様も、すみません(>_<)...

cafe 花咲みHanaemi@伏見桃山

帰郷中、お父さんの症状が落ち着いたので、帰る間際、久しぶりに友達とお茶をしてきました。伏見桃山大手筋を少し横にそれたところにある cafe 花咲みHanaemiさん。築90年の町屋を改装したお店です。(写真は帰り際の夕方の撮影です。)左側の格子の内側は理髪店になっています。右側の小路を奥へ行くと、、、(この写真も帰り際の撮影です。)cafeにつきあたります。花咲みHanaemiさん。この席に座りました。日本庭園が隣接するゆ...

街中を行く路面電車@富山市万葉線

富山県射水市への小旅行を楽しんできました。今回の旅のメインの目的は、お父さんを富山県射水市小杉にある先祖代々のお墓への納骨することです。祖父や曾祖母の時代に京都に移住したので父自体も夏休みに親戚の家に遊びに行ったぐらいで実際ずっとそこで育った訳ではないようですが、子供の時には二年に一回親戚の大人子供達で法事の旅行をしていました。今回は同じ射水にある富山県の滞在施設に滞在して自分のルーツの片方になる...

漁港街の風景@富山県内川

前回の射水市は、富山県を代表する大河である神通川・庄川の間に広がる射水平野の大部分を占めています。射水平野は中小の河川や地下水に恵まれ、水の豊かな土地として古くから栄えてきました。こうした土地の様子を見た古代の人々は、この地を「出(い)ずる水(みず)」の地と呼び、この言葉から「イミズ」という土地の名が生まれたそうです。【射水市HPより抜粋】滞在施設も内川と言われる川と富山湾に挟まれた部分にあるところ...

海老江海岸で泳いで寝転ぶ

海老江海岸 ー 静かに広がる海岸新湊からバスに乗って同じく射水市海老江海岸へ。わたしとルタさんの他には、日本人のお母さんと小さい子供づれと外国人の子供が小学生くらいの親子づれしかしませんでした。ほとんど貸切状態でした。波打ち際ですこし泳いでその後は日焼けよけ長手袋をつけてひなたぼっこをしました。暖かくなった岩の上に寝転ぶのが岩盤浴なら砂の上は『砂上浴』。砂が温かくて風が少し吹いててサイコーです。気持...

射水でまっとるっちゃ!!@富山県射水市

6月の終わり頃、富山県射水市に旅行してきた時の日記の続きです。射水市を存分に楽しんできました。宿泊施設は風情のある町家を一軒家丸ごと借りることができました。1泊につき1人1,000円です。NPO法人「水辺のまち新湊」さんが県外の多くの方に射水市の魅力ある暮らしを体験していただくために、短・中期的に市内の空き家を貸し出してくれているというプロジェクトの一つです。地方回帰の機運やマルチハビテーション・ニーズ(...

京都からの風

京都に居るKちゃんから一保堂茶房の宇治清水というお抹茶と阿闍梨餅連休中程に京都からの一陣の風が吹き込みました。ありがとう。一保堂茶房 京都二条阿闍梨餅本舗 満月堂一保堂茶房|amazon.co.jp...

ルタさんの実家へ@大阪某所

GW後半。GW後半はルタのというか主人の実家へ帰って参りました。今回、ルタは10日連休だったんですけど、着いた朝は、平日で、おとうさんはお仕事にすでに行かれてました。ルタ家のおかあさんとわんちゃん達の暖かく迎えてもらいました。ルタ家のラブリーな三匹のわんちゃんボンちゃん。フレンチブルドック。パリスちゃん。スタンダードプードル。くうねるちゃん。パピヨン。三兄弟で、全部男の子です。ルタ曰く自分を入れると四兄...

GW終盤と帰路

GW終盤戦。ルルの実家へ帰ってる間、ルルのおねえちゃんちにも泊めて貰いました。こちらではWii大会。チア・リーディングのやつとかテニスのとかいろいろ。みんなうまいボーリングだけ汚名挽回できた!アベレージ150ちょっと。おにいさんもおねえさんもいいひとだし、2人の私たちにとっての甥と姪にあたるふたりも、しっかりとしているけどすごくのびのびとしている。私もいつか機会があればこんな風に子供といっしょに成長しない...

花京香ー印香と香炉台ー 山田松香木店本店

京都の友達から花京香 という印香と香炉台が届きました。7月の朝顔夏の花を集めた甘い香り煙があがると辺りの空気がかわり何か懐かしい大事な事を思い出しそうな香りです十二ヶ月の印香がそれぞれにあるようですお店を訪れた時に、こういうの好きそうって気にかけてくれる友達の気持ちが嬉しくってもしかすると友人からすると何気ない自然な行動かもしれないけど、このお香を灯して香りをかいで、あれもこれもと雑然としていた自分...

二つの蓬莱の豚まん

関西で有名な蓬莱の豚まん(肉まんではなくて豚まんだそうです)。皮が甘くておいしい。具も筍とかお肉とか入って美味しい。こちらで購入。551HORAI更に道を進むと横にもう一つの蓬莱が!?蓬莱本館どちらも二階にレストランがあって、お店のロゴも馴染み深いです。多分両方食べて来ていたのかもしれません。同じお店なのか違うお店なのか謎は深まります。謎のままにしていても何なので帰ってから調べるとwikipedia 蓬莱さんの...

enfant(アンファン)大阪心斎橋本店

大阪の心斎橋のenfant(アンファン)さんプチシュークチームが美味しかったのでご紹介です。プチシュークリームの量り売りのお店です。<クリックすると拡大します。>カスタードクリームと鳴門金時のクリームのプチシュークリームを100gづつ購入100g (4~5個)¥189他にもプチエクレアとかプチオムレット¥105パイシューモンブランとかその他に色々とありました。カスタードクリームのプチシュークリーム皮がさくっとしておいし...

奈良公園 興福寺 猿沢池

青春18切符を使って大阪から東京へ向かう早朝にJR奈良駅で下車をしました。春の青春18切符の利用期間(平成25年3月1日~4月10日-切符の発売は3月31日まで)にのっかり今年のお正月を明けた頃の蔵出し日記です。奈良は父母と何度も旅行した懐かしい場所でもあります。電車の窓から朝日を眺めました。この写真を撮った時間は7時頃です(1月初頭)。青春18切符利用時には出来るなら始発から利用したいと常々思っています。こちらはJR...

祇園祭の山車の茅の輪と都松庵と蓮の花

京都のkちゃんから、祇園祭の茅の輪と都松庵のお菓子と、蓮の花の写真が届きました。大谷本廟の蓮の花の写真今年の祇園祭の一番先頭の山車を担う山伏山の茅の輪製餡所 都松庵さんのお菓子。小麦粉の代わりに餡を使ったさっくりとおいしさでした。今年の夏越の大祓えの茅の輪くぐりは、喪中に入っており行けませんでした。まだ上手く言葉にはできませんが。毎年の茅の輪くぐりのことを気にかけて、お気に入りのお菓子と合わせて祇園...

HEP FIVEの赤い観覧車と赤いクジラ|大阪市北区梅田

HEP FIVEの赤い観覧車と赤いクジラと梅田あたりのことを。以前、観覧車の日記の時に書き漏らしていたので。梅田のシンボル的存在の観覧車の細部まで赤い観覧車です。各ゴンドラも丸くて赤い。細部の部品まで赤い。9階建てのHEP FIVEの7階が乗り込みます。ビルの上にある観覧車なので何だか不思議な感じです。でも思い起こせば、子供の時に乗った百貨店の屋上にあった観覧車もこういった感じでした。ビルに観覧車の影。茶屋町のあた...