flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

久々の日記。

久々の日記。何を書こうかと迷いますね(笑)気負わず書ける内容から書き始めさせてもらいましょう。主人のRが12月の仕事納めのあとに作ってくれたホールケーキ。雪のような可憐な外観。スポンジとスポンジの間にフルーツがぎっしりと入ってました。 まい泉の一口大のカツサンド。食べやすいしオイシイ。メリクリさんの焼き菓子。お茶といっしょにいただく至福の時間。年末は、洋風料理。年越しはパスタ。年始は、一転、おせ...

本日くろどらの日|青木屋

本日10月28日はくろどらの日。青木屋さんの武蔵小金井店と三鷹野崎店でくろどらが一つ百円です。我が家もRが秋どら一個と合わせて購入してきました。いただくのが楽しみです。→青木屋さんのサイト過去日記:日々是くろどら|菓子の青木屋 Tag:青木屋さん お茶の時間...

日々是くろどら|菓子の青木屋

青木屋さん。稲穂神社さんのすぐ傍にあるお店です。先日、日々是くろどらの感謝セールがありました。お会計まで店内に長蛇の列。くろどらは、沖縄産黒糖を用いた風味豊かなどら焼きです。袋入りのものを購入しました。くろどらが表に描かれています。5個入りのものと10個入りのがあってこれは5個入りの袋です。もちろん、単品売りもありました。   五月の端午の節句のお菓子がもう店内に並んでいました。さつき鯉。...

抹茶と干菓子

 干菓子をいただこうとしたらRが抹茶を点ててくれました。ほんのりした甘さの干菓子が、余計に引き立ちます。子供の頃、母と京都の錦市場に干菓子を1つずつ買えるお店にいって、見た目の綺麗さ繊細さに惹かれ、あれやこれやと選んで持ち帰ったことを思い出します。 季節は、たしか夏で透明なまた別のお菓子のなかを金魚が泳いでいたり、団扇を象った干菓子も店先に並んでいたのも、いまだ記憶に鮮明に残っています。そ...

菓子の青木屋さんの桜まつり|小金井本町

菓子の青木屋さんの桜まつり。目にも鮮やかな春の和菓子が並んでいました。 春どらに、巾着に入ったお花見セットや、いちご大福など、入って右手側は、黒どら、桜餅、桜まんじゅうお茶とお菓子をいただいて一息ついて、あれもこれもと悩んで決定しました。まずは、いちご大福を二つ。とても大きな苺です。お花見巾着かわいらしいです。窓から桜を楽しみながら、いただきました。巾着のなかみは、さくら餅×2、春どら×1、桜まんじゅ...

White day 〈1〉|青木屋 武蔵野 とりゅふ mochi

ホワイトデーに、青木屋さんのチョコレートをRから貰いました。  武蔵野とりゅふ mochi です。これは〈ちょこ〉です。ほかに〈ほわいと〉、〈まっちゃ〉があります。箱も可愛いです。ベルギー産チョコのガナッシュを、求肥で包みカカオをまぶしてあります。4つ入りです。生クリームも求肥もカカオパウダーも口の中でサッと溶けます。円やかでクリーミーな味わいです。青木屋さんは和菓子だけでなく、洋菓子もおいしいですね...

ハロウィンの和菓子|青木屋

ハロウィンのお菓子は、和菓子の青木屋さんでかぼちゃ万頭をいただきました。カボチャの焼き印入り。  餡が風味豊かです。とても南瓜。でも、ちゃんと和菓子。青木屋さん毎月の季節に即した和菓子と定番商品。季節折々の和菓子を食べる機会が増えました。関連リンクTag: 青木屋さん , お茶の時間カテゴリー:小金井市青木屋 小金井店→青木屋さんサイト 〒184-0004東京都小金井市本町5丁目41-3℡:042-384-0332 FAX:042-384-...

青木屋さんの月見万頭

本日、9月27日(日)は中秋の名月です。小金井公園でのお月見のつどいも、昨日26日(土)、今日27日(日)で行われています。平成27年の今年は、プラネタリウムも観られるようです。中秋の名月に先駆けて、青木屋さんの月見万頭をすこし早くRといただきました。うさぎの焼き印が入っています。金木犀の薫るベンチでいただきました。中身は、黄身あんです。ほくほく、且つしっととりしています。栗まんじゅうと、くろどらも一...

柏餅2015@青木屋さん

もうすぐ端午の節句です。青木屋さん和菓子日記が、二回続きますが柏餅が店頭に並んでいたので求めてみました。菖蒲の絵が入った包装。きりっとしてます。柏の葉のいい薫りです。粒あんは売り切れていたのでこし餡にしてみました。お餅は部分はしっかりと固め。ほんの少し塩味を感じさせる柏餅の餡。男子の成長を願う柏餅。いつもの青木屋さんの饅頭とは少し趣が異なり新鮮です。青木屋 小金井店→サイト 〒184-0004東京都小金井市...

桜の頃の青木屋さんの和菓子ー2015

小金井・三鷹・武蔵野を中心に桜日記。2015年の締めくくりは、さくらのころの青木屋さんの和菓子です。花いかだです。青木屋さんには、百年製餡と題して、毎月十五日の辺りに、一日〜二日の日数で売り出される和菓子があります。今年2015年の4月は花いかだです。鮮やかなグラデーションに目を惹かれお店まで足を運びました。しっとりとした桜餡が中に入っていました。口のなかでとろけるような食感です。百年製餡と書かれた小箱の...