FC2ブログ
flower border

武蔵野を中心に東京探訪日記 since 2006

武蔵小金井ー吉祥寺や旅先を探訪する日記です。

《発掘 貝殻コレクション》と《発掘 ラッキーストーン》。

 手のひらに乗る大きさの石膏。一人一個、発掘棒とブラシでRと削っていきます。 何か出てきました。私のは 《発掘 貝殻コレクション》というキット。 《ミヤコボラ》という貝殻でした。もう少し掘って石膏を残して台座付きで置いとこう。フィキサーチをかければ石膏の削りカスも落ちないはずです。 削って行く作業が面白い。はまります。Rの石膏からは緑色の何かが露出。 《アベンチュリン》という緑の鉱...

X'mas17'-2|秘密手帖|小林健二/銀河通信社|Naturalis Historia

『秘密手帖』。アーティスト小林健二さんの手による銀河通信社さんの秘密手帖。 クリスマスプレゼントとしてヒストリエさんに並びRにもらいました。池袋・三省堂4階にあるナチュラルヒストリエさん。ナチュラルヒストリエクリスマスという棚に各アーティストさんからのクリスマスプレゼントが並んでいます。秘密手帖。この黒い袋の中に全てが入っています。価格は八千円。諜報部員が路地裏でこっそりと手渡してくれるような。理...

Naturalis Historia ナチュラルヒストリエ|池袋三省堂書籍館4階

Naturalis Historia ナチュラルヒストリエさんにミネラルショーに行ったあとに行ってきました。池袋三省堂書籍館4階にあります。 ”識ることは、ある種の魔法だ。” 惹きつけられる紹介文です。| 鉱石キット・鉱石ラジオキット 入り口すぐのところに小林健二さんの鉱石育成セットと鉱石ラジオが並んでいました。|鉱石ジオラマ瓶の中の鉱石と人形オブジェと苔で表現される1シーン。写真の瓶のタイトルは「待ち合わせ」。いくつ...

2016年の最後の月の期間限定TOP画像〈ジオードボール〉

2016年、平成28年もあと一月となりました。今年最後の期間限定TOP画像は、東京ミネラルショーで購入した〈ジオードボール〉です。→詳しくは、こちらをどうぞ。  中央手前の水晶を雪が積もったクリスマスツリーに見立ててみました。引き締めるためにサイドにはカーキ色のバックグラウンドカラーを配してみました。個人的には、思い通りに行ったこと、行かなかったこと、楽しかったこと、悲しかったことと、特に色んなことがあ...

東京ミネラルショー 2016|鉱石・化石・隕石・宝石・天然石の祭典

東京ミネラルショーへ行ってきました。期間は、2016年12月2日(金)〜5日(月)、本日までです。色々な鉱石に三葉虫やアンモナイトの化石に恐竜や鮫の歯に隕石などの販売会です。 開催場所は、池袋サンシャイン文化会館の二階と三階です。ことし開催25周年です。小林健二さんの銀河通信社のほしとそらさんに2008年に連れて行ってもらってからの、数年ぶりの東京ミネラルショーへの参加です。今回の戦利品と一部ですがお店のご紹...

蒐集の引き出し~鉱石・化石・貝殻~〈標本引き出し〉

鉱石や化石を集めたり貝殻や珊瑚を、拾ったり集めて箱に入れたままにしていたのを去年末にRが引き出しに並べてくれました。〈標本引き出し〉です。鉱石の引き出し昨日の長野まゆみさんの耳猫風信社や小林健二さんの銀河通信社をはじめ益富地学会館や博物館や恐竜館や鉱石見本市や国際博覧会や東急ハンズなど色々な場所で、化石と磨かれた鉱石の引き出し博物館や恐竜館や科学館や見本市で手に入れたものが殆どです。貝殻や珊瑚の引...

「耳猫冬市」国立駅前GALLERY BIBLIO(ギャラリー・ビブリオ)

作家 長野まゆみさん主催の「耳猫冬市」に行って来ました。2013年2月9日(土)~11日(月)の期間で明日まで開催中です。場所は国立にあるGALLERY BIBLIO(ギャラリー・ビブリオ)さんです。『言』という活版印刷の文字活版印刷の文字はまだ持っていなかったのでこれを物を購入。叔母が自宅で編集の仕事してた時はまだこれが現役で使われてように記憶しています。耳猫風信社/長野まゆみ著作 本の中では雑誌「猫屋の通信」を発行し...

「銀河通信」事業で手に入れたブラックライト

「銀河通信」事業で手に入れたブラックライト前のイベントの時に,青い光や,このブラックライトの特性を小林健二さんやほしとそらさんに聞いて,ものすごーく欲しくなっていた一品ですこの蒼とも碧とも紫とも言いがたいこの光の色そういえば"ao"も"midori"もタイピングするとこの"碧"という文字がでてきます.夜中のクラブイベントとか行くと手の甲辺りにスタンプ押されてこれをあてて確認されたりしますそういえば新江ノ島水族館...

幻的期間限定銀河通信事業@吉祥寺PARADA

東京のとある場所に鉱石ラジオの作成キットや、鉱石そのものを作ってしまうキットを通信販売しているところがあります。電源コードもなしに、電池も使わずラジオが聴ける!?できるのに何万年もかかる鉱石が自分の手で作れてしまう!?本当に興味のそそられる(私などかれこれもう17年も魅了されつづけてます。)そんな魅力的なものたちを扱っている事業社なんですけどその名も銀河通信社GINGATSUSHINSHA(リンク先から鉱石ラジオ...